ブログ

2017年3月21日 2017全日本ダートトライアル選手権第1戦 丸和

2017年シーズンは丸和から始まった。
昨年からの車両の変更点はTEIN製ショックの仕様変更とHKSのNEW-GT3ターボに変更とECUセッティング、更にブリッド製フルバケのPROFACEに交換した。

練習走行はトップタイムだったが結構グダグダな走り、このような時は車のポテンシャルはあるがバランスが取れてないケースだ。ハンドリングが今一でうまく走れなかった。
そう言えば、ショックを仕様変更してからタカタの良路しか走ってないので、それが原因だろう。車高の調整とショックの調整で対応して本番に望んだ。

そして決勝当日、天候は晴れ時々曇り。
路面もかなり砂利が掃けてきたのでヨコハマA036を使用。
前半区間でもいつもよりもリヤタイヤのスライドが多く感じる。
安定感が無くアンダーオーバーで乗り辛い。ストレートエンドでもラインを外し終盤の高速のS字も「何かいやな予感がする」感じで攻めるとインやアウトに行きそうなので抑えて走った。結果は僅差でトップタイム。
しかし乗り辛さは練習走行時より悪化している。やはり悪路セッティングが出来ていないようだ。
ショックの番手で言うと4-5クリックは動かしたいところだが一応トップタイムが出ているので逆に動かし辛い。動かし過ぎで失敗するのもイヤだし...と言うことで少変更にしておいた。
そして2本目、序盤から運転がバタバタしてしまったのと昨年よりパワーの出ている車に翻弄されてシフトミス2回、ストレートエンドも全然踏み切れなかった。
最後のS字だけはまあまあな感じだったが結果は見えていた。結果は3位。
車は良いのに結果が出ないダメなパターン。
事前に悪路を走っていなかったのが原因なのは明白だった。
次回までに悪路でも大丈夫なようにセッティングを出しておこうと思う。
IMG_4600.JPGIMG_4590.JPG

コメント(0) トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする