Blog

2022.03.23
2022年全日本ダートトライアル選手権第1戦 京都

2022年全日本ダートラもシーズンイン

今回は京都のコスモスパークで行われた

決勝当日はあいにくの雨、夜にも降ったようでパドックにも多くの水たまりが出来ていた

ただ競技が始まると雨も少なく路面はかなり良くなってきた。

天気予報をみると昼からの方がタイムも出そうだったのでタイヤを温存するために1本目は練習走行で使った中古タイヤで走る事にした。

1本目

前半区間、見た目よりは少し滑るので結構アンダーが出てタイムロス。

後半は島周りは今一だったが外周はグリップも良くなって来ていたのでノーミスで走れた。

ちょっとドライタイヤでは内周はキツかった感じ。

タイムはトップ炭山選手から1秒負けの2位。

前半区間が0.9秒負け。まあ練習走行から予想通りの結果だった。

ライバルはウエットタイヤ、こちらはドライタイヤ。

もちろんターゲットは2本目。タイムアップする予定なので問題はない。後はどれだけ路面がドライタイヤの領域に近づいて来るか?だった。

そして2本目が近づいてきた。

路面もドライに近づいてきておりヨコハマはドライタイヤ、ダンロップはウエットとドライの境界線な感じになってきた。

問題は前半、ここで0.2秒負けに抑えることが出来れば勝利は見えてくる計算。

後半のハイスピードセクションはドライなら今までの経験からヨコハマタイヤが強い

そして2本目

前半は間違いなくグリップが上がっていて良いフィーリングだ!

中間を超えた所の島周りも完璧!

ストレートエンドの右コーナーもほんの少しオーバースピードだったがグリップはとても良い!「これは好タイムの予感」次のハイスピード右も1本目よりかなりスピードを

上げて入ったが問題なし、ギャラリー左もグリップはかなり良い!

が...コーナーの立ち上がりでリヤタイヤがパンクしたような滑りが出た。

残りは最終コーナーだけなので右コーナーは問題ないと思いそのままアクセルは全開だったがすぐに大きな音とともに駆動が無くなった(泣)

もう止まりそうになりながらゴール。

一度止まると全く動けなくなりオフィシャルに車を押してもらってパドックに帰るも下回りから出火した。オフィシャル、メカ、選手の多くの方に消火して頂き大惨事にならずに済んだ。

その節は本当にありがとうございました。

結局最終リザルトは5位だった。

中間はトップタイム。後半も良い走りだっただけに残り80mが悔やまれる。

車は昨年より良くなっている。後少しだとは思うが...頑張って壊れないように開発していかないと!

Promotion Movie

PV

Official Sponsor

Official Technical Supplier

Official SNS